日進自動車株式会社

フリーダイヤル:0120-21-5614

会社概要 お問い合わせ

コアラクラブ らくちん松江店

  • 日進自動車トップ
  • 新着情報
  • 自動車販売
  • 車検
  • 修理・鈑金
  • 点検・整備
  • ボディコーティング
  • スタッフ日記

スタッフ日記

<<次の記事

前の記事>>

6月の安全運転のポイント!

事務員・N 2009.6.11 10:53

梅雨入りして、毎日お天気が不安定ですね汗

雨天時は路面が滑りやすくなるだけでなく、視界も悪くなり危険の発見が遅れたり

危険を見落としやすくなります。

『6月の安全運転のポイント』として、雨天時走行についてまとめてみました。



車雨が運転に与える影響車

1.路面がすべりやすくなる
雨の日は路面が濡れているため、制動距離が長くなります。
また、舗装道路では雨の降り始めが最もすべりやすくなると言われています。
急ブレーキや急ハンドルなどの操作をすると、スリップする危険性が一層大きくなります。

2.特にサイドミラーが見えにくくなる
雨の日はガラスやサイドミラーに水滴が付着して、前方や後方の視界が悪くなるため、
後方や側方の安全確認が不十分になります。

3.歩行者や自転車に乗っている人の視界も悪くなる
雨の日は車だけでなく、歩行者や自転車に乗っている人の視界も悪くなります。
こちらが相手を見落とすだけでなく、相手から自車が見落とされる危険もあります。



車雨天時の安全運転のポイント!車

1.雨が降り始めたらスピードを落とす

2.進路変更時は後方をよく確認する

3.ライトを点灯し自車を目立たせる

4.歩行者、自転車の動きを予測する




車タイヤやワイパーの点検を!車

タイヤの溝がすり減っていると、ブレーキをかけた時の制動距離が長くなるとともに、

スリップも起こしやすくなります。

またワイパーが正常に作動しないと、クリアな視界が確保出来ません。

普段からタイヤやワイパーの点検をしておきましょう。

自分で見てもよく分からない・・・という方、タイヤ・ワイパーの点検は無料ですので、

お気軽にご来店下さいませ女性

| https://www.nissin-jidosya.com/diary/index.php?e=20 |
| スタッフ日記 | comments (x) | trackback (x) |

<<次の記事

前の記事>>